Jの番記者


    タグ:33-4

    images-5






    1: 名無しさん 2019/11/01(金) 19:35:47.63 ID:/lz7uOyE0
    沖縄「首里城」の火災はきのう31日(2019年10月)の午後1時半頃、ようやく鎮火したが、正殿、北殿、南殿など7つの建物は全焼した。出火原因は何なのか。
    火元は正殿と見られるが、中庭ではイベントのフィナーレの準備が行われていて、作業は午前1時に終わり、警備員は鍵を閉めたという。
    出火はその1時間半後だったが、出火場所は中庭ではなく、正殿内部だった。

    消防局によると、正殿の火災報知器が作動したのは午前3時40分だが、その6分前に防犯センサーが何か動くものを感知していたという。
    警備員は本社からの通報で駆けつけたが、消火器で消そうとした。延焼を防ぐためのドレンチャーという水を吹き出す装置があったが、作動させなかった。スプリンクラーはなかった。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17318756/

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1572604547/

    【【悲報】首里城、3時34分に防犯センサーが何か動くものを感知していた 】の続きを読む

    このページのトップヘ