Jの番記者


    タグ:イチロー

    20190320-00000136-spnannex-000-4-view







    1: 名無しさん 2019/03/24(日) 15:28:11.39 ID:BWETjPUF0
    松井氏「鈴木一朗に戻ったイチローさんとお酒でも」

    引退表明から一夜明けたマリナーズ・イチロー外野手(45)が22日、成田空港発の航空機で渡米した。前夜に日米通算28年目でユニホームを脱ぐことを表明すると、
    日本政府が国民栄誉賞授与を検討するなど、日本全国がイチローの打ち立ててきた数々の偉業にあらためて感服した。

    元ヤンキースの松井秀喜氏は「不断の自己研さんに日々努めたことは想像に難くありません。そういう姿勢で過ごされたイチローさんだからこそ、これ以上ない
    現役最後の舞台が野球の神様によって用意されたのではないかと感じています」と賛辞を贈った。

    初対面は星稜時代の90年6月、金沢市での愛工大名電との練習試合。1歳年上で高校2年のイチローと「一塁上でお話ししたことが記憶に残っております。
    翌年、練習試合は雨で中止でしたが、イチローさんの寮で、2人でゆっくりお話ししたことも鮮明に覚えております」と述懐した。

    お互いプロ野球、メジャーで輝かしい足跡を残した。松井氏は「いつの日か、鈴木一朗に戻ったイチローさんと、今度はお酒でも飲みながら、ゆっくりと野球の話をしたいと勝手に夢見ております」と期待した。
    https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201903230000087.html

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1553408891/

    【松井秀喜さん「いつの日か鈴木一郎さんとお酒を飲めたら」 】の続きを読む

    20190217-70000089-nksports-000-9-view





    1: 名無しさん 2019/02/17(日) 11:09:10.25 ID:460Uxb+T0
    注目のフリー打撃では、昨オフから取り組んできた新打撃フォームを披露した。従来よりも両膝を曲げて構え、テークバックの際には、重心をより低くして始動。
    25スイングで5本のサク越えを放った。練習後、改良の狙いについて語ることはなかったが、これまで積み上げてきた「技」に力強さを加味したような鋭いスイングに、周囲の視線が集まった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-70000089-nksports-base

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1550369350/

    【イチロー、新打撃フォームで25本中5本柵越え】の続きを読む

    このページのトップヘ