Jの番記者


    カテゴリ:パ・リーグ > 埼玉西武ライオンズ

    YamakawaHotaka20180207






    1: 名無しさん 2019/12/10(火) 19:11:01.81 ID:v2Qtrqfj0
     西武・山川穂高内野手(28)が優勝旅行に参加せず、練習漬けの日々を送る決意を語った。

     山川は10日、埼玉・川越市内で行われたファンミーティングに森友哉捕手(24)、佐藤龍世内野手(22)と参加。
    富士大の後輩・佐藤から「食事制限をしている」ことを明かされると
    「体重を増やさないよう食べるものを考えているだけ。(主食は)主に肉ですね。シーズン中と一緒。米とかは太ってしまうので。(体重増は)アキレス腱にも影響がある」
    とファンが普段知ることのできない裏話などを明かした。

     このオフも「隠れて練習はしてますよ。今日も朝起きて体を動かしてきました」という山川は、昨年に続いて14日に出発するハワイ優勝旅行には参加せず、練習に明け暮れる予定だという。

    「とにかく来年の不安しかない。もっと進化するつもりでいないと安定した成績は残せない。優勝旅行中も練習漬けですね。僕はですけど、行っている場合ではない。
    本当は行きたい。行って遊びたいし、ゆっくりしたいんですけどね。奥さんにも『ごめん。練習させてください』って言いました」

     年内のイベント行事が一段落する来週中にも練習の強度を上げ、来季に向けた本格的なトレーニングに入るつもりだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00000044-tospoweb-base

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575972661/

    【西武・山川 V旅行不参加「とにかく来年の不安しかない」と練習に没頭 】の続きを読む

    20140708_2527925





    1: 名無しさん 2019/12/07(土) 16:34:01.33 ID:+XWGah5p0
    リーグ連覇を達成した西武は、日本人1億円プレーヤーが一気に増えた。この日の外崎をはじめ、平井、森、源田、金子侑の5人が新たに到達。山川、中村、栗山らと合わせて、計9人となった。
    9人という数字は球界全体で見れば珍しくはないが、西武では95年(清原、佐々木、辻、伊東、渡辺久、鹿取、石井丈、潮崎、田辺)以来3度目の球団最多タイだ。

    今回の西武が個性的なのは、1億円超の選手が各ポジションに分散していることだ。来季の内野陣は日本人の1億円プレーヤーで埋まりそう。投手陣では先発投手は0人で、リリーフの2選手だけが大台というのも珍しい。
    秋山のメジャー挑戦により、外野手の1億円超は2人だけになるものの、来季は、勝利の方程式に加わる2人が登板した時点で「守備陣ほぼ全員1億円超」という“夢布陣”が見られそうだ。
    https://hochi.news/articles/20191205-OHT1T50301.html

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575704041/

    【【朗報】西武ライオンズの2020スタメン野手、億越えだらけ 】の続きを読む

    20191017-00576623-fullcount-000-3-view





    1: 名無しさん 2019/12/04(水) 20:43:20.53 ID:/6ndpPih0
    NPBでも十分に通用すると認める養父氏だが、岸の行動で気になるところがあった。
    自分のチームのピッチャーが、打たれたり
    フォアボールを出してしまったときに、外野で守備に就きながら嫌な顔をしていたのだ。
    https://full-count.jp/2019/12/02/post621693/

    どうすんねんこれ

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575459800/

    【【悲報】西武ドラ8の岸潤一郎くん、西武では無理そう 】の続きを読む

    20191204-00010021-nishispo-000-4-view






    1: 名無しさん 2019/12/04(水) 18:52:19.05 ID:iht5jNc90
    西武増田単年1・9億円 複数年契約の提示を固辞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00010021-nishispo-base

     ◆西武契約更改交渉(4日)

     増田達至投手(31)が埼玉県所沢市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、9000万円アップの年俸1億9000万円でサインした。

     順調なら来季中に国内フリーエージェント(FA)権を取得する見込み。
    球団側から引き留めに複数年契約を提示されたが、固辞した。
    1年1年が勝負。昨シーズンふがいない思いをして、一日一日勝負していい結果となった。
    1試合1試合を大事にしていく。来シーズン1年やらないとFAを取っても意味がない」と話した。

     7年目の増田はクローザーの座を取り返し、65試合に登板した。
    4勝1敗30セーブ、防御率1・81と安定した成績を残し、守護神としてリーグ2連覇に貢献。
    選手会長としてもチームをまとめた。(金額は推定)

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575453139/

    【西武のクローザー増田さん、強い意志で複数年契約の提示断る 】の続きを読む

    このページのトップヘ