Jの番記者


    カテゴリ:パ・リーグ > 埼玉西武ライオンズ

    BK3_150210_03







    1: 名無しさん 2019/07/06(土) 13:07:33.88 ID:Q44h44bga
    【異業種で輝く元プロ野球選手】
    「野球を長くやれたのは父親のおかげ。その支えがあったからこそ日本やアメリカで野球ができたので、今度は自分が父の築いた会社を守りたい。
    その思いが働くモチベーションになっています」

     千葉県市川市にある敷地調査、地盤補強を行う「株式会社トラバース」本社でこう話すのが西武、ロッテで活躍したG・G・佐藤さん(40)。
    現在、タレント業を兼務しながら同社千葉営業所所長として奮闘している。

     2003年に西武に入団。プロ入り後は持ち前のパワーで頭角を現し、08年には野球日本代表に選出され北京五輪にも出場した。
    だが「メダル確実」と言われた同大会で度重なる失策を犯したのを機に徐々に低迷。
    11年オフに戦力外通告を受けた後はイタリアリーグ、ロッテと渡り歩き、15年から父・克彦氏(75)が経営する現会社で新たな人生をスタートさせた。

     年商190億円以上という優良企業への就職。一見すれば順風満帆のようだが道のりは平坦ではなかった。
    入社前まで社会人経験が皆無だったこともあり「営業を始めた当初は相手との接し方がまったくわからなかった。自社が行う測量調査や地盤改良の知識もほぼゼロ。
    元プロ野球選手という肩書を前面に出す営業しかできなかった」と佐藤さん。
    必然的に職人や業界関係者からは軽視され「知識がないなら営業に来るなよ」と何度も罵声を浴びせられたという。

    「周囲は地盤、測量という一般人には不慣れな分野の専門家ばかり。細かい話になると相手にされなくなるわけです。
    それに社会人としてのマナーもない。情けないという気持ちで、会社員1年目は正直、社会で通用しないんじゃないかと悩みました」

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1562386053/

    【元西武G.G.佐藤「会社員1年目は社会で通用しないんじゃないかと悩みました」 】の続きを読む

    20190621-06211206-nksports-000-5-view





    1: 名無しさん 2019/06/21(金) 23:23:22.15 ID:6tY6FmML0

    西武が試合後にバス移動する直前、ぼや騒ぎが起こった。

    チームバスと同じ駐車場にあった車が炎上。駐車場内は煙で立ちこめたため、乗り込んでいた選手、スタッフらは一時ロッカーへと避難した。
    球場関係者は「めちゃくちゃ火が出ていた」と話し、消化器で火は消し止められた。10分後にはチームバスは出発。事なきを得て、宿舎へ戻った。

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1561127002/

    【【悲報】西武、試合後に炎上 】の続きを読む

    このページのトップヘ