Jの番記者


    カテゴリ:セ・リーグ > 中日ドラゴンズ

    20190422-00000210-spnannex-000-10-view





    1: 名無しさん 2019/04/22(月) 20:03:17.79 ID:yOvhb5qD0

    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1555930997/

    【NPB、二塁塁審がプレー見ていなかったと認める 中日の意見書に回答 】の続きを読む

    20190413-00344898-fullcount-000-2-view






    1: 名無しさん 2019/04/14(日) 02:25:39.06 ID:eAXtWmUya
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190413-00344898-fullcount-base
    「なんで、オレ?」。今でも衝撃は忘れない。2018年10月1日。名古屋市内の球団事務所に呼ばれ
    球団代表から「来季の戦力としては考えていない」と告げられた。
    1軍登板がなかったその年の成績だけ見れば納得はできるが
    積み重ねてきた実績も無下にされたようだった。
    プロ3年目の15年に10勝4敗の成績を残し、一気にブレーク。
    代名詞となったチェンジアップは、球界の一流打者たちに「分かっていても打てない」と言わしめた。

    16年は7勝、17年は1勝と成績は下降したが、まだ20代前半。
    右肩痛で出遅れた18年シーズンも、春過ぎには臨戦態勢は整っていた。
    だが、1軍から声がかかる気配はない。それどころか、2軍のメンバーにさえ入れない日もあった。
    「投げられるのに……」。首脳陣に理由を問うても、納得する答えは返ってこない。
    明け透けなく物言う性格が煙たがられることもあり、精神的なストレスがつい態度に表れると
    周囲には「生意気だ」と映った。心にしこりを抱えたまま、告げられたクビの宣告。
    ヤケになるなという方が無理だった。

    それから4日間、名古屋の繁華街に毎晩繰り出して明け方まで呑んだくれた。
    野球をやめることも考えた。「家にいると、嫌なことばっかり考えちゃうから。
    どういう選択をするにしても、1回リセットする時間が必要だと思った」。

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1555176339/

    【元中日若松、戦力外に納得できず毎晩繁華街でヤケ酒の日々 】の続きを読む

    このページのトップヘ