Jの番記者


    カテゴリ: セ・リーグ

    20181001s00001173213000p_thum






    1: 名無しさん 2019/01/19(土) 18:58:51.45 ID:0yXCKXxJ0
    米大リーグで18年新人王に輝いた“二刀流”の大谷翔平投手(24=エンゼルス)とは同学年。高卒でプロ入りして2桁勝利を達成した“大谷世代”はともに甲子園で活躍後、12年ドラフト1位でプロ入りした大谷と藤浪晋太郎投手(24=阪神)、そして若松の3人だけ。
    2桁勝利からわずか3年後に味わう厳しい現実に「思っちゃいけないんですけどね。いや、オレなの?って思いましたし、もう悔しくて涙が出ましたよね」。若松の表情には隠し切れない無念さがにじんだ。
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/01/19/kiji/20190119s00001173264000c.html

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547891931/

    【【悲報】元中日若松、戦力外通告に「いや、オレなの?」 】の続きを読む

    20190118-00000015-ykf-000-6-view





    1: 名無しさん 2019/01/18(金) 20:46:12.49 ID:16IZ2ae00
    巨人・宮本コーチに1年目の洗礼! 原監督の一声でキャンプ構想霧散
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000015-ykf-spo
     だが最後に宮本コーチが出てきたのは4時を回ってから。原監督に招聘されコーチ初就任の意気込みは強く、18年ぶりに復帰した水野投手コーチと綿密な練習計画を用意してきた。
    ところがコーチ会議で監督に突然、「2月3日に1軍とファームの若手主体で紅白戦をやる」とブチ上げられ大わらわ。大幅な修正作業に追われていたのだ。

     経験者の水野コーチは「決まったことが撤廃されるのはよくあることだから」と冷静に受け止めるが、宮本コーチは「コーチに、こんなにいすに座ってやる仕事があるとは」と想定外の“残業”に苦笑い。

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547811972/

    【【巨人】原監督の一声でキャンプ計画を大幅に修正ww 】の続きを読む

    DwSo5JjUUAAqwHn






    1: 名無しさん 2019/01/18(金) 10:46:04.12 ID:8qKG+SEhp
    長野は日本ハムとロッテの2度のドラフト指名を断って巨人に入団したほど、ジャイアンツ愛の強い選手だ。’16年からは選手会長を務め、引退する選手のために送別会を開催。若手選手からの信頼も厚い。そんな人物が、なぜプロテクトリストから漏れてしまったのだろうか。

    「リスト作成に深く関与した、原辰徳監督との不仲が原因でしょう。長野は采配ミスがあると、試合後に監督へ苦言を呈すこともしばしば。原さんは、それを煙たがっていたようです。また長野の打力もあまり評価していませんでした。
    ボール球によく手を出すので、’15年には病院で動体視力検査を受けろと命じたほどです。原さんは『若返り』と言って若手をプロテクトしておきながら、マリナーズの岩隈久志やオリックスの中島宏之など40歳近い選手を補強する矛盾ぶり。選手にも不満が溜まっています。
    長野は人的補償で出されることを知った時、『なんでオレなんだ……』と言葉を失ったそうです。『もう巨人に戻ることはない。広島で見返す』とも」(前出・記者)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00010002-friday-base

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547775964/

    【【朗報】長野久義さん「もう巨人に戻ることはない。広島で見返す」 】の続きを読む

    20190117-00010002-friday-000-2-view







    1: 名無しさん 2019/01/17(木) 17:34:42.37 ID:PNIYDMcL0
    長野久義の巨人愛は、「怨霊」となって原監督に天罰を下す

    「巨人を、見返してやる……」

    普段は感情を表に出さない長野久義(34)が、周囲に激しい悔しさを滲ませているという――。

    新年早々の1月7日、球界に驚愕のニュースが流れた。FAで巨人入りした丸佳浩(29)の人的補償として、長年チームを支え続けた長野が広島へ移籍することになったのだ。

    愛が強かった分、恨みは増幅する。その恨みは怨霊となって巨人の和を乱し、成績不振という形で原監督に天罰を下すに違いない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00010002-friday-base

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547714082/

    【【速報】長野久義、怨霊になる 】の続きを読む

    20190112-00000230-sph-000-12-view






    1: 名無しさん 2019/01/16(水) 16:13:38.44 ID:lBfngluF0
    巨人の阿部慎之助捕手(39)が、ファンの間で望まれている「引退説」を否定した。
    プロ19年目の今季は4年ぶりに捕手復帰するが、原点とも言えるポジションに戻ることが、一部で「今年でユニホームを脱ぐのでは」との臆測を呼んでいる。
    しかし、本人は「今年で辞めたいとは全く思っていない」ときっぱり。フルイニング出場を目標に掲げる炭谷との共闘を約束する一方、正捕手返り咲きの野望を明かした。阿部は球界の稀勢の里になってしまうのか。

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547622818/

    【【悲報】巨人阿部慎之助さん、今季限りの引退を否定 】の続きを読む

    このページのトップヘ