542ed0f1





1: 名無しさん 2019/01/24(木)23:10:19 ID:uJP
「334度、よーそろ~」
排水量9800トンを誇る最新鋭く畜艦、かっす丸。
艦橋で雄叫びを上げるのは、艦長を務める巨人小笠原二等兵捕虜(45)である。
今回の任務は視姦学校の校長をフィリピンまで護送することだ。
早速出港したかっす丸、僚艦の「まえかわ」に当て逃げされ轟沈しながらも無事校長を売春宿まで護送した。
ところが帰路で、かっす丸は原子力空母「ヒロシマ」の襲撃を受ける。
挨拶がわりとばかりにヒロシマは丸を射出、巨大な頭部がかっす丸に直撃し二岡が戦死する等の軽微な損害を被る。
負けじとばかりにかっす丸は長野を発射し、これが原子炉に直撃。
ヒロシマは核の炎に包まれ炎上した(74年ぶり2回目)。
その後意気揚々と引き上げるかっす丸は途上でクイーン・エリザベス級と合流。
すると彼女に発情したかっす丸は制御不能となり、後方から彼女に追突・大破し東京湾の藻屑となった。
なお、艦長のカッス氏は鎖で繋がれながら漕手を務めており、逃げ切れずに水死したとのことである。

この件について大正義巨人軍原元帥は、「欲しがります。勝つまでは(ニッコリ」と、貪欲な戦力強化の以降を示唆した。
なお今年の人事異動はもうまにあわん模様。

 


引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548339019/

3: 名無しさん 2019/01/24(木)23:12:18 ID:7Zx
カッスと丸の融合+334点

 


4: 名無しさん 2019/01/24(木)23:14:41 ID:UNd
校長の登場+12000点

 


5: 名無しさん 2019/01/24(木)23:16:35 ID:UNd
轟沈してからの大往生+810点