Jの番記者


    3053647_HANSHINhjhjj







    1: 名無しさん 2019/08/17(土) 15:58:21.87 ID:B4f5qQsi0
    1953年(昭和28年)7月23日の対巨人戦(大阪球場)、死球をめぐって選手が投手にバットを投げるなど荒れた試合であった。
    その9回裏、阪神が詰寄るシーンで線審が飛球判定を誤審し、ゲームセットとなった。
    これをめぐって阪神側と審判団が紛糾し、騒然となった雰囲気で観客がグラウンドに乱入した。
    1954年(昭和29年)7月25日の対中日ドラゴンズ戦(大阪球場)10回、捕球判定と選手の退場処分をめぐって阪神側と審判団が二度もめ、観客数百人がグラウンドに乱入した。
    観客は暴徒化し、阪神の選手のバットを持って中日側に押しかけた。
    後にこの試合は没収試合となり、審判団、阪神共に処分を受けた。藤村富美男・松木謙治郎の項目も参照。

    1973年(昭和48年)10月22日甲子園での対巨人最終戦。勝った方が優勝という試合で、阪神が0-9と大敗。
    不甲斐ない試合に激高したファンがグラウンドになだれ込み、
    巨人の選手らに暴行を働いたり、讀賣テレビ放送やABCテレビの機材を徹底的に破壊したりする事件が発生。
    これにより巨人のグラウンドでの胴上げは中止となり、兵庫県警察の機動隊員が出動する騒ぎとなった。


    https://youtu.be/SoO0N3OmSiM?t=55s 

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566025101/

    【【転載推奨】珍カスが起こした事件一覧www 】の続きを読む

    img_96ccb8916d7436fa8cd3bd9b0cd177cc185641








    1: 名無しさん 2019/08/16(金) 22:13:07.09 ID:1X5P7AK10
    中国・天津市(Tianjin)で15日、中国プロ野球連盟(CNBL)と米大リーグ機構(MLB)による戦略提携が発表された。
    今後の中国プロ野球を引っ張る中核的組織であるCNBLが正式に発足を宣言するとともに、世界最高レベルを代表するMLBとの戦略的提携契約の調印が行われた。

     提携の実現により、中国のプロ野球は世界トップのリソースと直接的につながることとなり、CNBLは豪州、日本、韓国などのハイレベルなプロ野球との交流と関係を強化し、国際化と職業化の発展を促進するとしている。
    このほかにも、小中学生や大学、社会人の野球チームとの交流も進め、指導・練習や競技組織運営など提携を深めていく予定だ。
    https://www.afpbb.com/articles/-/3240098?pno=3&pid=21542642

     


    引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1565961187/

    【中国プロ野球が発足、MLBと戦略的提携 】の続きを読む

    542ed0f1






    1: 名無しさん 19/08/15(木)16:10:45 ID:AUM
    先日の被爆体験ツアーで鋭気を養った大正義ナインは苦手の原爆ドーム三連戦を勢いにのって勝ち越し、お盆の締めくくりに勝利の美酒を堪能した。
    一方で自力優勝も消え失せた赤地獄に広島市内は意気消沈。すっかり生気のなくなった様子に原監督も「水を得たヒバクシャだね」と哀れみを隠せない。夜の街からも活気は消え失せ、弱り目に祟り目とはこのこと、翌日には巨大台風までやってくる始末。
    お盆に帰ってきたケロイドたちの心もやすまるまいと、大正義ナインを代表して巨人小笠原が台風を迎え撃つこととなった。
    有無を言わさず原爆にくくりつけられた畜生に、監督は「台風の中心に大きな穴があるだろう」と耳打ち。欲情するカッスとともに打ち上げられたミサイルは、見事、台風の中心にてピカッと絶頂射精、広島市民を慰霊するかのごとき白い雨が爆心地市内に降り注いだ。
    敵地での勝ち越しについて大正義巨人軍原監督は「掌底というより昇天だね。スタンドの沈黙はいい黙祷」とコメントした。
    なお汚染物質(45)は台風が流してくれた模様。

     


    引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1565853045/

    【巨人小笠原、巨大台風から広島を守り死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング